k2108
鐔 銘 平尾正則 菊花図


Tsuba
signature Hirao Masanori "Kikka" (chrysanthemum)

価格 4万8千円
Price 48,000JPY

(length)71.5mm 横(width)70.2mm 切羽台厚さ(thickness)5.2mm ※耳際(edge)3.1mm
素銅地丸形片切彫 made of Suaka, round shape
平尾氏/京都〜備後国福山住 Hirao family / lived in Kyoto, later Fukuyama city of Bingo provence
江戸時代中期 mid Edo period

  こっくりとした飴色を呈した素銅地を微細な石目地に仕立てて、そこに菊を彫り描いた鐔。シンプルな片切彫が地金の素材感を引き立てております。細かな石目と彫り口に所々黒漆が沈み込み、背景や画題の描線に複雑な表情を加えております。
  作者の平尾正則は京都から後に備後国に住した鐔工です。




page top