k2621
鐔 無銘(平戸国重) 牡丹唐草透図


Tsuba
no sign (Hirado Kunishige)
"Botan Karakusa"sukashi (arabesque with peony)

価格 7万円
Price 70,000JPY

(length)79.9mm 横(width)77.9mm 切羽台厚さ(thickness)5mm ※耳際(edge)7mm
真鍮地四ツ木瓜形肉彫地透 made of brass, Mokko shape, openwork
特製落し込桐箱 come in a special Kiri Box

  無銘ながら肥前の鐔工平戸国重の特徴顕著な真鍮鐔。 平戸国重は肥前国平戸に住し、素材は主に真鍮地を用い、切支丹文字等の南蛮や中国風の異国風の趣向を巧みに採り入れた鐔や縁頭を残しております。この鐔は80mm弱と常の平戸にない大きさと量感を持っております。肉彫地透の工法で図柄の牡丹唐草を表現しており、この点も常の平戸には非常に稀なものです。土手耳状に厚く残し精巧な装飾を施した耳の仕立ても平戸国重に特徴的で、唐草文を廻らし欄間のように空間を区切り、そこに波図を彫り深く描いております。




page top