d2680
無銘(蝦夷)
栗に鹿猿図刀子拵
刀子)

Koshirae
no sign (Ezo)
"Kuri ni Shika, Saru"
(come in a Tosu)

価格 20万円
Price 200,000JPY




拵全長(whole length) 一尺四寸七分一厘(44.6cm)
柄長(hilt length) 一寸九分一厘(5.8cm)
刃長(Hacho) 一寸八分八厘(5.72cm)
山銅魚子地高彫金摺剥 made of Yamagane, gold iroe (Kin suri-hegashi)
外装;室町時代/刀身;江戸時代後期

 蝦夷拵と呼称される異風な意匠の拵が存在する。古くは南北朝期に遡る遺例もある古い様式の拵で、一説には室町期頃から交易が盛んになり始めた蝦夷地向けに往時の古金工によって造られたとも考えられている。 その拵に附された特徴的な目貫等の金具もまた蝦夷と呼ばれ、素材は山銅地が多く、大振りで彫り描かれた図柄には金色絵が施され、時間の経過によって所々剥がれた金は独特の風合いを生み出し、そのいかにも古びた味わいが、後に大いにもてはやされ、江戸埋忠一派等の作風にも大きな影響を与えた。
  この小刀拵もそういった蝦夷拵に属するものであろう。素材は山銅地で手馴れた風合いの細かな魚子地とされ、美濃彫を想わせる深彫で栗に鹿、猿を描き、鞘口と柄頭、鞘尻部分にはエキゾチックな雲に波文で装飾され、文様に施された金摺剥はいかにも古風な雰囲気。拵の造形は蝦夷の先住民族のアイヌの部族長クラスの佩用になる刀子を想像させるものである。当時はどのようなものが収められていたものかは不明であるが、江戸時代後期には写真のような造り込みの刀子が合わせ設えられている。







page top