k2972
鐔 銘 明珎紀宗次作
杢目肌鍛 無文


Tsuba
signature Myochin Ki no Munetsugu saku
"Mokum-me hada" (grain texture)

価格 8万5千円
Price 85,000JPY
鐔 銘 明珎紀宗次作 杢目肌 無文

(length)85.1mm (width)83.5mm 切羽台厚さ(thickness)4.7mm ※耳際(edge)7.2mm
重量(weight)224g
鉄地杢目肌鍛四ツ木瓜形打返耳 made of iron, grain texture, Mokko shape
明珎氏(紀姓) Myochin school (Ki family)
武蔵国江戸住 lived in Edo city, Musashi province
享保~寛保頃 Kyoho - Kanpo era

 明珍派は鎌倉時代までその歴史を鎌倉時代まで遡ることができ、その後日本全国に流派が広がっている。武州江戸は土佐、庄内、越前等と並んで隆盛を極めた一派。いずれも甲冑師をルーツに持つ一派らしく、鉄の鍛えをよくし、一見の価値がある。この鐔の作者である守次は武州江戸の明珍一派の鐔工で、本作のように鍛えの良い地鉄に杢目文を表出させた表情豊かな地鉄の板鐔を得意とし、守次が地鉄を鍛えた岩本良寛との合作の鐔も遺されている。

拡大画像 |








page top