792
黒石目地塗鞘脇差拵
(くろろいろぬりさやわきざしこしらえ)

Kuro ishime-ji nuri saya,
Wakizashi koshirae



拵全長
(Whole length)
二尺四寸九分八厘(75.7cm)
柄長
(hilt length)
五寸三分一厘(16.1cm)
柄前
(Tsukamae)
黒漆塗鮫皮着金茶色糸巻柄
Hilt is covered with black lacquering shark skin, tied with light brown srting

(Tsuba)
瓢箪唐草透図 無銘 鉄槌目地隅入角形
"Hyotan Karakusa "sukashi (arabesque with gourds)
no sign, made of iron, Sumi-iri, Kaku (Mokko) shape
縁頭
(Fuchigashira)
無文 無銘 赤銅磨地
"Mu-mon"(plain)
no sign, Made of Shakudo

目貫
(Menuki)

貝尽図
"Kai zukushi " (shells)
made of Shakudo, iroe
刃長 約一尺五寸五分四厘(Hacho; 47.1cm)
※刀身は入っておりません。This Koshirae has no blade.

価格 9万円
Price 90,000JPY


 黒石目地塗鞘の脇差拵。その印象は一見、簡素だが、よくみるとその素行はただものではない。鞘を子細に見ると、中程に返角、そして差裏には小柄櫃と裏瓦の跡が浮かんで見える。縁を見ると、際に浅い切り込みがある。かつて存在した小柄が当るのに配慮した名残である。実はこの拵、古刀期の実用刀装を江戸時代に直した作である。戦国武将はこれを左腰に備え、至近の敵があれば、素早く抜き放って応戦し、少し離れた敵には柄の先端の金茶色糸の結び目に右手の小指を掛けて腕を伸ばして打ち振るい、武威を示したのであろう。目貫は貝尽図の大振りの作で、おそらく古金工の作。貝の一つは丸く突起が目立って厳星兜を、そして金色絵が施された貝は法螺貝を想起させ、土埃立つ戦陣を思い起こさせ、瓢箪唐草図の透鐔も小振りで鉄味が良い。実用刀装直しの脇差拵というもの、注意深く探せば、他にも遺作はあるものだろうか。頗る珍しい作例である。












HOME日本刀Orderご注文