871
藍鮫鞘朝鮮総督府
短剣拵


 

拵全長 一尺三寸六分二厘強(41.3p)
柄長  三寸一分 (9.4p)
刃長  七寸八分五厘 (23.8p)

刀身はついておりません。



藍鮫包の短剣拵。朝鮮総督府で文官が用いたもの。装着するための革ベルトも現存している。黒の漆塗り鮫皮包の柄には細い金線が巻かれ、真鍮金具もまた桐紋図。漆黒に金色が映え鮮やか。目釘の文様は五七桐紋で、これこそが朝鮮総督府仕様の短剣拵の証拠。海外に展開した帝政日本の面影を伝えている。

価格 16万円










鉤護拳には壽屋の商標刻印有。

 


五七桐紋目釘は、朝鮮総督府所属を意味する。

page top