890
脇差
銘 肥前國佐賀住廣貞

Wakizashi
signature Hizen no kuni Saga ju Hirosada



肥前国 寛永頃 約380年前

Hizen prolvince, Kan'ei era, about 380 years ago

刃長 (hacho)

一尺七寸八分二厘
(54cm)

反り (sori)
四分九厘半
(1.5cm)
元幅 (motohaba)
九分九厘(3.0cm)
先幅 (sakihaba)
六分三厘弱(1.9cm)
棟重ね
(Mune-gasane)
二分一厘半(0.65cm)
鎬重ね
(Shinogi-gasane)
二分五厘弱(0.7cm)


金着一重ハバキ(越中ハバキ) (注1)
白鞘入
昭和44年山形県登録(10月18日 31476号)
保存刀剣鑑定書
certificate
NBTHK (Hozon)

価格 35万円
Price 350,000JPY


 廣貞(ひろさだ)は肥前國忠吉の異母弟にして門人。名を橋本相右衛門尉という。寛永頃、義家、後に廣貞と改銘し、明暦二年八十二歳で没(注2)。佐賀藩主鍋島勝茂侯は忠吉の刀が自慢で、将軍・幕閣に献上しており、忠吉は藩主の需に応えるべく、一門の総力を結集して事に臨んでいる。廣貞は近親者として兄の作刀に協力することが専らであった故だろう。自然、遺作は尠ない(注3)。
 この脇差は現存珍しい肥前廣貞の作。身幅重ね十分で鎬の稜線が屹然と立ち、腰元から反り高くついて中鋒に造り込まれ、太刀を縮小したるが如き美しい姿。地鉄は鎬地を細かな柾、平地を小板目に小杢目を交えて詰み、地景縦横に入り、小粒の地沸が厚くつき肌潤い、肥前特有の小糠肌となる。刃文は武蔵大掾忠廣(肥前国忠吉門人)や近江大掾忠廣らが得意とした足長丁子乱刃で、焼高く二つ三つと連れ、刃縁についた小雪のような沸は焼の谷から零れて長い足となって刃中を照らす。帽子は一転して小丸に返る。茎はこの工らしく中程が張って先細く仕立てられてタナゴ腹形となり、保存状態は良好で、特徴的な書体の銘字が太鑚で力強く刻されている。姿良く、地刃美しく、肥前刀の美点が余す所なく示された優品となっている。

注1 一見すると二重ハバキに見えるが実は一重。腰元に鑢を掛け、その上を磨地としている。
注2 天正元年生まれ。ちなみに兄忠吉は元亀元年生まれである。
注3 『日本刀銘鑑』にも「上手であるが作品は僅少である。師忠吉の向槌を永年つとめたためであろう」とある。

脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞
脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞

脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞 差表 鋒
脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞 差裏 鋒
脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞 差表 鋒
脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞 差裏 区上

脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞 差裏 中央

脇差 銘 肥前國佐賀住廣貞 差裏 鋒

日本刀販売品 短刀 無銘(末関) 差表 差裏 鋒