901
平造脇差
銘 備州住辰房盛重作
   大永八年二月吉日

Hira-zukuri Wakizashi
signature Bishu ju Tatsunobo Morishige
Taiei 8 nen 2 gatsu kichijitsu



備後国 大永 489年前
Bingo prolvince,Taiei era, about 489 years ago

刃長 (hacho)

一尺七寸三分六厘
(52.6cm)

反り (sori)
六分三厘
(1.9cm)
元幅 (motohaba)
九分九厘(3.00cm)
棟重ね
(Mune-gasane)
一分六厘半
(0.50cm)

銀着一重ハバキ 白鞘入
fitted with silver foil single Habaki, come in a magnolia scabbard
昭和47年長野県登録(8月9日 56870号)

 


 辰房盛重(たつのぼうもりしげ)の大永八年紀(注1)の大平造脇差。戦国時代、前線の武将は刀や太刀に加え、片手で用いる打刀を指し、至近の敵に対して素早く抜き放って応戦したという。が、しかし、その大半は実戦に供されて殆ど現存しないものである(注1)。
この脇差こそまさしく戦国期の打刀の遺例。幅広で重ね十分にて腰反りついて先反りも加わり、幅広で重ね充分にて腰反りついて先反りも加わり、威圧感のある姿。地鉄は板目に杢、流れごころの肌を交えて肌起ち、地沸が厚くつき、淡く湯走りかかり、白く映りが立つ。刃文は浅い湾れに互の目、丁子、尖りごころの刃、矢筈風の刃を交え、強く沸づいて刃縁の光強く、焼頭は匂で尖り、一部は千切れて湯走りとなり、刃境に金線・砂流し頻りにかかって沸足盛んに入り、刃中も沸づいて明るく、奔放な刃文構成。帽子は鮮やかに乱れ込み、突き上げて長めに返る。茎には衒いのない銘字が刻されている。辰房盛重は尾道(注2)の住。辰房派は鎌倉後期正安頃の重則を祖に、重利、重義、重行、光重(注3)、房重、康重など、重の字の刀工を輩出して栄えたが、遺作は極めて少なく貴重。刀身には細かな鍛え割れ、疵も少なくない。戦国武将の一戦にかける想いが伝わるような一振りである。

注1 自らが野に散った場合、作者銘や年紀のある刀によって死者の姓名を知ることが出来る。
注2 『日本刀銘鑑』に年紀の例として載せられている大永八年期の作は本作であろう。
注3 南北朝時代以降は、山名氏が守護所を置き、政治・経済の中心地として栄えた。
注4 光重には延徳四年八月日紀の備州尾道辰房光重の鎧通し短刀(『銀座情報』二三二号)、明應二年八月日紀の備州尾道辰房(光重)の刀(『銀座情報』三四〇号)がある。


脇差 銘 豊後國大野庄住行政 差裏

脇差 銘 豊後國大野庄住行政 差表 鋒
脇差 銘 豊後國大野庄住行政 差裏 鋒
脇差 銘 豊後國大野庄住行政 差表 鋒
脇差 銘 豊後國大野庄住行政 差裏 区上

脇差 銘 豊後國大野庄住行政 差裏 中央

脇差 銘 豊後國大野庄住行政 差裏 鋒