921

無銘 宇多國久


Katana
no sign Uda Kunihisa



越中国 室町時代前期 宝徳頃 約五百六十五年前
Ecchu province, early Muromachi period, about 565 years ago (Hotoku era)
刃長 (hacho)

二尺一寸二分九厘半
(64.5cm)

反り (sori)
三分三厘
(1.0cm)
元幅 (motohaba)
八分九厘(2.7cm)
先幅 (sakihaba)
五分九厘半(1.8cm)
棟重ね
(Mune-gasane)
一分六厘半(0.50cm)
鎬重ね
(Shinogi-gasane)
一分八厘(1.55cm)

銀地一重ハバキ
fitted with silver single Habaki

白鞘
come in a magnolia scabbard
昭和47年岐阜県登録(6月1日 39420号)


保存刀剣鑑定書
宇多國久
certificate NBTHK (Hozon, attributed to Uda Kunihisa )

価格 30万円
Price 300,000JPY


 宇多國久と極められた大磨上無銘の刀。宇多派は鎌倉末期に大和国宇陀から越中国に来住した國光に始まり、国房、國宗ら優工を輩出して大いに栄えた(注1)。國久は國房の子で、応永七年、廿一年、廿六年紀のある右衛門三郎國久に始まり、宝徳、文明、永正、天文、弘治と名跡は続いている。
 この刀は元来二尺五寸近い長さがあったとみられ、年代は室町前期の宝徳頃であろうか。今尚身幅と重ねは十分で、鎬幅やや広く鎬筋張り、輪反り高く中鋒に造り込まれ、雄渾な太刀の原姿を想起させる。地鉄は板目に杢、起ちごころの肌を交えて総じて詰み、しかも鎬地にも平地の板目鍛えが表れて古色があり、地景細かに入り、粒だった地沸厚くついて淡く湯走りかかり、白く映り立つ。刃紋は浅い湾れに小互の目、尖りごころの刃、角がかった刃を交えて多彩に変化し、つぶらな沸えが厚くついて光を反射して輝き、刃境に湯走り、金線、砂流し、刃中には沸筋が流れて焼刃は層をなし、足・葉盛んに入り、刃中もよく沸づいて照度が高い。帽子は焼を十分に残し強く沸づき、掃き掛けてやや突き上げて小丸、浅く返る。
覇気横溢の地刃に武士好み(注2)の用の美が充満した一振である。


注1 日本海沿岸の要衝越中は将軍家一門の畠山氏の守護領国で、宇多刀工は畠山家中の武士の刀槍を鍛えたいたものであろう。
注2 茎の三個の目釘穴は、所持者の体躯に応じて数度磨上げ武具として用いられたことを窺わせている。また、元来の目釘穴さえも残っていないところから、二尺五寸の原姿をうかがわせている。


刀 大磨上無銘 宇多國久
刀 大磨上無銘 宇多國久




 



刀 大磨上無銘 宇多國久 差裏区上 刀 大磨上無銘 宇多國久 差裏中央
刀 大磨上無銘 宇多國久 差裏 鋒